スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月 こどもの気持ちに寄り添って

2014.08.09.Sat.08:59
新しい仲間がたくさん増え、4,5月はピクニック広場で、
6,7月は上池と下池の間の小川で過ごしました。

5月。ロープのブランコ作りたい!6才男の子のコトバ。
座るところもつくりたいねん。落ちていた丸太を切り、完成させたブランコはみんなのお気に入りとなりました。
IMGP2203.jpg

くもの巣つくりたい!裸足になってバランスを楽しむ。
お友だちが乗ったり降りたり跳ねたりすると、ロープの張り具合が変わっておもしろい。
IMGP2216.jpg

クラフトコーナー。
IMGP2204.jpg

素敵な植物の表情に、おもわず歓喜の声。
IMGP2219.jpg

ロープのはしご。高いところだいすき!
IMGP2264.jpg


4月 仲間が増えたよ!のらっ子会

2014.08.09.Sat.08:53
新しい仲間がたくさん増え、4,5月はピクニック広場で、
6,7月は上池と下池の間の小川で過ごしました。

4月。 コバノミツツジが満開の小路を 自分のあしでしっかりと歩く。
IMGP1963.jpg

爽やかな風が貫ける心地よい広場に、みんなの笑顔がいっぱい
IMGP1996.jpg
 

綱引き。こどものチカラ、つよい!!大きい人も本気になります。
IMGP2020.jpg


クローバーのひんやりとした感触を楽しむ
IMGP2036.jpg

えんぴつやさんをしよう!傍らで2才の女の子がじっとみていたね。
IMGP2027.jpg

花びらのインクは、子どもたちの発想。
IMGP2052.jpg

2014年度 はじめてののらっ子会

2014.04.12.Sat.13:55
ツツジ尾根をとおり、もみじ谷まで散策。咲き始めのサクラや山ツツジ、スミレなどの春の花が温かく迎えてくれました。
IMGP1710.jpg


・おうちづくり…   紐・布・竹を使って、おうちをつくりました。できたおうちでお昼ごはんを食べたり、ナイフで小枝の鉛筆を作る女の子たちの安心の場所となりました。斜面をロープで登る年長ぐみ男児。二階の基地だとか。遊びの後半、一階の基地も作ると頑張っていましたね。
IMGP1725.jpg


IMGP1783.jpg

      
・落ち葉の温泉…  秋~春にかけては、
落ち葉いっぱいの季節。落ち葉に埋もれるのって楽しいね。
IMGP1742.jpg


・鉄棒ならぬ竹棒(ちくぼう)…
竹の棒までも遊びの道具に。前まわりにはじまり、二俣に分かれた幹の間から棒渡りに発展。はじめは恐る恐る。慣れてくるとスピードあふれ、変顔の余裕も。Kちゃんは、生まれて初めての前まわりが竹棒となりました。「Tちゃんのを見てやってみた!」と後で話してくれました。
IMGP1762.jpg


・チャレンジ!
『崖をのぼってみたい』とMちゃん。「どこの崖がいい?」と聞くと、一番の難関の北の斜面。自分のペースでゆっくりと確実に登ることができました。1人が登ると次々に現れ、どんどん登っていくこどもたち。てっぺんの散策路のまだ上までも!降りるのも早い早い。
IMGP1749.jpg

IMGP1750.jpg



降りてきたらみんなお尻がしっとり。どろんこお尻も笑いに変えるパワフル女児!
IMGP1759.jpg


・小枝のえんぴつ作り… 自分で考えてえんぴつを作る女の子たち。どうしたら、芯の黒いところができるかなぁと試行錯誤する姿も。近くに落ちていた黒いネット。使えそう!とナイフで小さく切ります。ナイフがあれば色々な使い方ができること、何も言わなくてもわかっていますね!
IMGP1797.jpg


・かくれんぼ… 山と同化。「もういいよー!」の声を頼りに。
IMGP1804.jpg



・カレーの腕、上がっています!!
みんなで作る、夕食のカレー。ほとんどこどもたちの手だけで作られていきます。包丁も危なげなく使えています。外では火のパチパチという音が何とも嬉しいですね。
IMGP1815.jpg


・おねえさん、おにいさんの役割
のらっ子会は、年齢層が幅広いのがいいね!という声をいただいています。12月にYくんがみんなに絵本を読んでくれたのをきっかけに今回はSちゃんが絵本を用意してきてくれました。小さいこどもたち、みんな嬉しそうでしたよ!ありがとう。
IMGP1856.jpg


次回活動日は 4月19日(土)です。

第6回 もみじ谷

2013.09.22.Sun.23:35
少し蒸し暑い秋晴れの下、ちいさいひと13人 おおきいひと8人が集まりました。
今日はもみじ谷へと向かいます。緑の葉が生い茂る森の中は薄暗い。キノコや苔、池に飛び込む蛙の音、たくさんの生命の気配が感じられます。木の階段道、曲がりくねった谷間道を、それぞれのペースで歩いていきました。

少し広くなった所が今日過ごす場所です。森の中、おもちゃやゲームなんてありません。着いたときには、何してあそべばいいのー?という声も。ここでは、ちいさいひともおおきいひとも”じぶんで”あそびを見つける、そしてやってみるところなのです。

まずみんなの目に付いたのは、崩れかけた枝のおうち。4才Kちゃん「台風がきたから、おうちこわれてもたんやなぁ」。ほんまやなぁ。Kちゃんどう思う? 「もう一回つくりたい!」 
思い切って枝を除け、地面を掃除します。そして自然と骨組みには太くて長くて丈夫な枝を持ってくるおおきいひとたち。以前の経験から、次のおうちのイメージが一致していたのでしょうね。それを見たちいさいひとたちも、重い枝を運びます。いろんなところから集まって、大きな家ができあがりました。身体いっぱいつかって木にロープをかけていたちいさいひと、”工事中”のしるし。なるほど!

次に飛び出したのは、「おとしあなつくるー!」と4才Tちゃん。見たことのない植物を、図鑑で調べるK家の父さん。いいですね!急斜面を果敢に登ること、本当に楽しくて、はじめに言っていた「なにしてあそべばいいの?」が嘘のように消えた。そしてちいさいひと同士の会話や関わり方を目を細めて見守るおおきいひとたち。コトバが少なくなったよね。五感を最大限に活用しているちいさいひとたちへの接し方が本当に上手です!!

たくさんの思いやりのこどばも飛び出しました。
「がんばれーー!!わたしのてをもって!!」(斜面の上で3才Sちゃんが、4才Hちゃんにかけたことば)
「いろいろな、えだをもったらいいねんで!」(先に斜面をのぼった4才Hちゃんが、妹のKちゃんにかけたことば)
「おさきにどうぞ!!」「ありがとう!」「どういたしまして!」(並んでいた3才、4才のひとたちのことば)
「いっしょにいこう!」「ついておいで!」「おのりください!」「はーい。つきましたよーー!」
思いやる気持ちを、“ことば”にそして“行動”にできる。森という環境が自然とそうさせてくれるのかもしれないね。

お昼ごはんを食べてからは、R父さんが竹を持ってきてくれていて、箸作りコーナーができました。本気で作る大きいひととちいさいひと。完成形なんてみんな同じじゃない。じぶんの使い易いように。そしてじぶんの納得のいくまで。
傍らでは、ロープワーク。“ロープをピンと張る方法”をやってみるおおきいひと。その一本のロープが、ぶら下がり遊びになったり、ブランコになったり、最後は綱渡りになった。ロープってすごい。いろんな遊びができてしまうのですもの!

粘土場みつけたよ!と、土が大好きなR母さん筆頭にちいさいひとたち。新しい場所もどんどん開拓。

まだまだ遊びたいところですが、次の場所へと移動の時間です。
「いままでこんなにあるいたことはない!」と1才になりたてのEくんのお母さん。Eくん、いっぱいあるいて眠くなって、帰り道は夢の中。これぞちいさいひとの過ごし方!お互いに思いやれる仲間といっしょだから、できるのかもしれません。

いっぱい身体を動かして遊んだね!
三木山さん、一日過ごさせてもらい本当にありがとうございました。


4-1.jpg
発見


10.jpg
「がんばって!!」


9.jpg
「つぎは、わたしがあんないするね!」


11.jpg
すっかりなかよし


16.jpg
わたしの得意分野


17.jpg
無心


18-1.jpg
だいじょうぶ?


20.jpg
少年たち


19.jpg
実?! いえいえ、土でつくったダンゴなんです


12.jpg
「おとりくださーい」


1-IMGP9956.jpg
たのしくて


              
                === 次回活動日は、12月21日(土)です ===

第5回 雨の日の活動、そしてやまへ

2013.09.12.Thu.09:49
「三木山のらっ子会」

朝からしとしとと降る雨。小さいひと11人、大きいひと7人が集まりました。
暑い暑い今年の夏。第5回目ののらっ子会は、“冷たいたべものを 遊びながら作っちゃおう!”と
アイスクリーム作りを行いました。
アイスクリームの材料は?なんだろう?
牛乳!おさとう!たまご!   塩!  塩!?
塩は、中にはいれないけれど、冷やすときにとても重要な役割を果たしてくれるのです!

外容器に細かく砕いた氷と塩を交互にいれ、アイスの材料が入った内容器を納めます。タオルで包んで…
転がすこと約15分。足で蹴ってみたり、手で転がしてみたり。棒に通してぶんぶん振り回しているひとも!!

どうだろう、試しに開けてみます。お~固まっている!やった!!周りから固まるんだ!
できたて 冷え冷えアイスの周りにみ~んな集まっていただきました。


DSC_0945.jpg  DSC_0948.jpg  DSC_0949.jpg


昼食後は、小雨になったのでお外へ飛び出す小さいひとたち。
大きいひとは、小枝や竹を使った箸作りをやってみます。『ぼくもする!』とそれを見た男の子たち。
クラフトナイフを使って、少しずつ少しずつ削っていきます。

私、手が小さいからまだ一番使いやすいお箸に巡り合ったことがないの、と熱中して作る大きいひと。
夜のごはんは、自分の作ったお箸で食べたいと、根気良く作る小さいひとたち。
やすりで滑らかにし、少し油をつけて磨く。そしてできた自分のお箸。
少し時間が足りなかったので、またおうちでもやってみてくださいね。


DSC_0962.jpg  DSC_0958.jpg  DSC_0977.jpg



「まんげつのあそぼう会」

姫路市かつらぎ自然学校へ向かいました。
山の奥の奥の自然豊かな場所に、たくさんの笑い声と楽器の音が響き渡りました。
山小屋の二階には文庫スペース。すぐに小さいひとたちは絵本を手に取ったり、操り人形で遊んだり。
下では 自然学校再生に全力を尽くしておられるMさんTさんのやさしいやさしい笑顔。
かつらぎ自然学校周辺で活動しておられる姫路森のようちえんのYさん、Kさんも一緒に過ごしました。
雨も上がって川あそび、探検、音の遊び…  み~んなまるくなって、心を開放して音と共に踊りました。

DSC_0982.jpg  DSC_0988.jpg  DSC_1000.jpg


夕食はTさんMさんが作ってくださって、ほんとうに美味しく、温かくいただきました。
おかわり!おかわり!の声がたくさん。自然のお野菜たっぷりの身体にやさしい夕食でした。
まんげつの夜のお話会、み~んな楽しみにしていました。絵本の世界、すてきなすてきなおはなしの世界。


日はどっぷりと暮れ、聞こえるのは虫の声。
ありがとうの気持ちいっぱい、胸いっぱいになって、また会える日を楽しみに、お別れをしました。

山のかみさま、おてんとさん、みんなありがとさん
この日のために、たくさんのご準備をしてくださったMさんTさん、案内をしてくださったYさんに心から感謝申し上げます。


1-DSC_1026.jpg



           ===次回活動日は9月21日です===
« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。